灰B-CASカード

デジタル放送を受信するために必要なB-CASカードに赤と青、それと店頭用の白があることは皆さんもご存知だと思いますが、灰色B-CASカードがあるのをご存知ですか?

これは業務用のB-CASカードで、測定器などに使われます。

ERB放送センターでも、マスプロ電工のデジタルレベルチェッカー「LCV3」を導入したところ、この灰B-CASカードが付属してきました。

ご覧になったことがない方が多いと思いますので、写真を掲載します。

Graybcas

LCV3では、早速ERBテレビの信号を測定してみました。

Lcv3_1

LCV3では映像・音声の確認もできるので便利です。

Lcv3_2

[ラボ]ND16問題を可視化してみる

ERB放送センターでも電話機を交換したところ、「ND16問題」が発生しました。

「ND16問題」とは、コードレス電話機などが発する電波がCSのトランスポンダー16の信号に干渉する現象のことで、Googleで検索すると、多くの方が経験されています。

そこで、測定器を使ってこのND16問題を可視化してみました。

まず、正常時。

01

BER(ビットエラーレート)はPre(リードソロモン復号前)・Post(リードソロモン復号後)とも、0.0E+0(0.0×100、つまり0)で受信に問題はありません。

つづいて、測定器のすぐそばにコードレス電話の子機を近づけて発信した直後の状態。

02

BERのPreが3.9E-2(3.9×10-2)、Postが1E-3(1×10-3)と盛大に大きくなっています。
一般にBER値は2.00E-4(2.00×10-4)以下であれば受信可能とされていますから、もう受信不可です。

さらに、発信操作を続けたときの状態が次の図。

03

LEVELは干渉電波の分も含んでいるためか若干上昇していますが、BERのみならず、C/N(キャリア/ノイズ比)までが「-」(測定不能)になっています。

というわけで、測定器レベルでもND16問題ははっきりと確認できました。
おそるべしコードレス電話機。

[ラボ]BDAVのプレイリストファイル(rpls)を参照するツール Windows版

« ERBラボ

【2018.9.24】HTML版を公開しました!

Flash版はこちらです

ブルーレイディスクレコーダーで、テレビ番組やビデオカメラで撮影した映像をブルーレイディスクにダビングすると、BDAVというアプリケーションフォーマットで記録され、映像ファイル(.m2ts)の他に「.rpls」という拡張子のファイルが作成されます。

このファイルはreal play listと呼ばれるもので、録画・ダビングした日時やチャンネル番号、番組名や番組内容が記録されます。

BDAVの再生に対応しているレコーダー・プレーヤーでこのディスクを読み込ませると再生メニュー画面に情報が表示されます。

この情報をPCで参照するFlashツール「rpls Viewer」を公開してきましたが、このたびそのWindows版を開発しました。Windows XP/Vista/7で、.NET Framework 3.5 Client Profileがインストールされている環境で利用できます。

rplsViewer_windows100

使用手順は、
1.読み込ませたいBDAVディスクをBDドライブにセットする
2.ファイルメニューの「開く」かツールバーの「開く」ボタンをクリックして、BDAVディスクのドライブか\BDAVフォルダか\BDAV\PLAYLISTフォルダを選択する。

以上の手順で選択したドライブ・フォルダにあるrplsファイルが名前(番号)順にソートされて一覧表示されます。

「コピー」で選択しているセルの内容がクリップボードにコピーされます。
「上書き保存」「名前を付けて保存」でセルの内容をCSVファイルで保存できます。
「新規作成」ボタンをクリックすると表示内容が画面から消去されます。

ウィンドウまたは実行ファイルのアイコンに、フォルダまたはrplsファイルをドロップしても開くことができます。

ダウンロード・詳細はこちらをご覧ください。

[ラボ]BDAVのプレイリストファイル(rpls)を参照するツール

« ERBラボ

【2018.9.24】HTML版を公開しました!

【2013.12.8】Windows版を公開しました!

ブルーレイディスクレコーダーで、テレビ番組やビデオカメラで撮影した映像をブルーレイディスクにダビングすると、BDAVというアプリケーションフォーマットで記録され、映像ファイル(.m2ts)の他に「.rpls」という拡張子のファイルが作成されます。

このファイルはreal play listと呼ばれるもので、録画・ダビングした日時やチャンネル番号、番組名や番組内容が記録されます。

BDAVの再生に対応しているレコーダー・プレーヤーでこのディスクを読み込ませると再生メニュー画面に情報が表示されます。

この情報をPCで参照するFlashツール「rpls Viewer」を開発しました。Flash Player10以上が動作する環境で利用できます。

Adobe Flash Player を取得

使用手順は、
1.読み込ませたいBDAVディスクをBDドライブにセットする
2.「参照…」ボタンをクリックして、BDAVディスクの「\BDAV\PLAYLIST」フォルダにある拡張子が「
.rpls」のファイルを全て選択する。

以上の手順で選択したファイルがrplsファイルの名前(番号)順にソートされて一覧表示されます。

「コピー」ボタンをクリックすると表示内容がクリップボードにコピーされます。
スライダ(△)を動かすと行の高さを変更できます。
「消去」ボタンをクリックすると表示内容が画面から消去されます。

HTMLファイルFlashファイルをローカルディスクにダウンロードしてご利用ください。

詳細はこちらをご覧ください。