駅前の賑わい

冒頭の映像は、2002年12月に、新宿駅南口の歩道橋の上から撮影したものです。

これ以来、この場所はERBテレビで新しい機材を導入するたびに撮影を行う定点撮影ポイントとなっています。

  1. (0秒〜9秒) Che-ez! Movix で撮影
  2. (9秒〜20秒)Che-ez! Movix で撮影
  3. (20秒〜39秒)Che-ez! Movix で撮影
  4. (39秒〜49秒)Che-ez! Movix で撮影
  5. (49秒〜2分18秒)キヤノンのDVカメラ DM-FV40 で撮影
  6. (2分18秒〜2分38秒) アイ・オー・データ機器の MotionPix AVMC321 で撮影

商店街の人どおり

駅前商店街の様子

これは2005年夏に経営破たんしたNHJという会社から発売されていたChe-ez! Movixというムービーカメラで撮影したものです。このMovixは当時、ERBテレビの主力撮影機材として活躍しました。

2002年の年末、都内の商店街の風景を撮影したものです。
背景に聞こえる音は、背後にある駅に止まっていた電車の音です。

新幹線

東京駅停車中
1(10秒) Movixで撮影

東京駅停車中 (2007.8.26)
2(60秒) HVR-A1Jで撮影

東京駅出発後
3(30秒) Movixで撮影

品川駅のアナウンス(2004.1.8)
4(14秒) DM-FV40で撮影

名古屋駅出発後
5(60秒) Movixで撮影

京都駅到着前
6(35秒) Movixで撮影

新大阪駅到着前後 (2007.8.26)
7(60秒) HVR-A1Jで撮影

道頓堀

大阪の道頓堀川を橋の上から撮影したものです。

この映像は、Che-ez! Movixというカメラで2003年1月に撮影したもので、ERBテレビ初期の番組の1つでした。

住吉大社

初詣客で賑わう大阪の住吉大社の様子です。

ERBテレビの初期の作品で、当時は家庭用のビデオカメラで撮影し、アナログ出力をキャプチャして制作していました。

  1. (0秒〜3秒)1998年1月3日の様子です。前日が雨だった分、この日は多くの初詣客でとても賑わっていました。ソニーのDVカメラ DCR-PC7 で撮影
  2. (3秒〜13秒)シリーズ第2弾、2003年1月1日の様子です。Che-ez! Movix で撮影
  3. (13秒〜22秒)太鼓橋を渡る参拝客の様子です。Che-ez! Movix で撮影

くいだおれ人形

記念撮影をする観光客がたえないくいだおれ人形

先日惜しまれつつ閉店した、大阪・道頓堀の飲食店「くいだおれ」。その店頭に置かれ、道頓堀の名物となっている人形です。正しくは「太郎」といい、2体あるそうです。

この映像は、Che-ez! Movixというカメラで2003年1月に撮影したもので、ERBテレビ初期の番組の1つでした。