チャンネル

商店街の人どおり

駅前商店街の様子

これは2005年夏に経営破たんしたNHJという会社から発売されていたChe-ez! Movixというムービーカメラで撮影したものです。このMovixは当時、ERBテレビの主力撮影機材として活躍しました。

2002年の年末、都内の商店街の風景を撮影したものです。
背景に聞こえる音は、背後にある駅に止まっていた電車の音です。

電車

バンダイから発売された「C@Mail-F38」というトイカメラで撮影したものです。
このカメラはコンパクトフラッシュに記録できるようになっていました。これは当時のトイカメラとしては画期的なことでした。
このカメラは映像のみで音声は記録できませんでした。
また、操作音を消すことができない仕様だったため、ケースをこじ開け、スピーカのケーブルを切断して使用していました。
撮影解像度は160×120ドットで、携帯電話の動画撮影機能にも劣るものでした。

撮影したのは2000年12月23日、場所は東京の府中駅でした。

多摩モノレール

多摩動物公園駅出発後

2006年のGW後、多摩動物公園駅近くで地上から撮影したモノレールの映像です。
撮影機材はアイ・オー・データのAVMC321で、撮影後AviUtilというツールで映像の明るさなどを調整しています。

ゆりかもめ

東京・有明の東京ビッグサイト前を通る新交通システムゆりかもめです。2005年10月に撮影したものです。Movixに続いてERBテレビの主力機材として活躍したAVMC321というカメラで撮影しています。

CEATEC JAPAN 2005

2005年10月4~8日に幕張メッセで開催された展示会の様子です。

2019.4.29 リマスター版を公開しました。

従来のものはこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=hbaMQrDrcIU

幕張メッセで毎年秋に開催されている家電・IT産業の展示会「CEATEC JAPAN」の様子です。

【主な内容】(番組内キャプションより)

  • 注目のブルーレイディスクとHD DVDのブースは目と鼻の先
  • キヤノン東芝SEDブースではデジタルメディア評論家の麻倉怜士氏を迎え画質の解説

ERBテレビでは2005年から取材を開始しました。
この番組では収録されたすべての映像ファイルをDV形式に変換してから、DV用編集システムに取り込んで編集しました。また、同じシステムを使用して字幕も入れています。

2005年当時はまだSD制作でした。撮影機材はAVMC321でした。

おまつり

神社のおまつり

2005年9月に放送センターの近所で行われたお祭りの様子です。
当時ERBテレビの主力機材として活躍したアイ・オー・データ機器のAVMC321というカメラで撮影されています。

  1. (0秒〜20秒)おみこし1
  2. (20秒〜1分50秒)おみこし2
  3. (1分50秒〜2分30秒)子供みこし
  4. (2分30秒〜3分00秒)練り歩く大太鼓

そして翌年、2006年はERBテレビがハイビジョン製作へ舵を切った年。その様子はこちら